2007年09月25日

横浜美術館は良い所♪

⇒⇒ 美術館お楽しみ情報!

横浜美術館に入っていってみて凄く広々として明るいのに驚かされました。

こんなに立地条件の良いところにありながら、こんなにもゆったりとした気持で楽しめる横浜美術館ってサイコ〜!
一時の幸せを感じました。

2階のグランドギャラリ−は、天井がガラス張りになっていて、太陽光で室内とは思えな感じ。
そこに階段状に展示されてる彫刻などの作品が、何ともいえない雰囲気を醸し出していてなかなか面白い。

空間を贅沢につかっている為、ゆったり鑑賞できるし、通路には、ベンチもあるので、休み休みのんびりゆったい鑑賞できるのも良い。

そんな感じでの〜んびりしていたら、何処からともなく、子供たちの楽しそうな声が・・・!

丁度、学芸員の方が子供たちに作品についての説明をしていた。
子供たちは、目をキラキラ輝かせて、その説明を興味深く聞いていた。

コレクション展は、撮影可能なので、展示風景を携帯カメラで撮ってみました。

撮ったは良いが、上手く映っていなかった。。。(T_T)ショック

そんなこんなであっという間に数時間が過ぎ、お腹がすいたので、館内のカフェにGO!

おいしいケ−キ&ドリンクセット(650円)を頂きました♪ d(⌒o⌒)b♪

本当に有意義なひと時でした。

また近いうちにこの横浜美術館に行きたいと思いました(^o^)/

⇒⇒ 美術館お楽しみ情報!

posted by 横浜美術館大好き! at 01:40| Comment(23) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜美術館の凄いところ!

⇒⇒ 美術館を楽しむ方法


横浜美術館に行くと今までの美術館と違う事に気づくと思います。

今までは、作品を静かに見るところって感じでした、横浜美術館は違います。

どこが違うかというと・・・

横浜美術館では、ただ作品を見るだけではなく、ア−トを身近に感じて興味を持ってもらえるよう様々な企画が用意されているんです。

国内外の若手ア−ティストが、横浜美術館に滞在して作品を展示・制作する企画。で、製作の様子が横浜美術館のHPで紹介されるだけでなく、実際に見学も出来ちゃうんです!

生で見れちゃうんですよ!
これって凄くないですか?!

また、企画展の開催中は、グランドギャラリ−でミニコンサ−トが行われたりもします。
その時は、併設のショップやカフェにて企画展関連の商品なんかを変えたりまするんです。

それだけじゃなく、美術情報センタ−ではア−トの情報探しが出来たり、市民のアトリエ・子供のエリアでは、子供と一緒に絵画や版画、陶芸など " 作ること " を体感出来たり、更には、ミュ−ジアムショップでお買い物が出来たり、レストランやカフェで食事が出来たりもしちゃうので、丸一日 楽しめちゃいます♪

こんな感じで、横浜美術館は、他の美術館とは違うまったく新しいところなんです。

美術館は敷居が高くて行きづらいと思っていないで、一度、横浜美術館に行ってみると良いと思います。

⇒⇒ 美術館を楽しむ方法



posted by 横浜美術館大好き! at 01:08| Comment(14) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜美術館について

西洋絵画の楽しみ方完全ガイド


横浜美術館(よこはまびじゅつかん)は、1988年3月にオープンしました。

そんな横浜美術館の施設は地上3階で美術情報ギャラリー、美術図書室、ミュージアム・ショップ、レストランなどの施設もあります。

横浜美術館では、開館当初から、写真部門を設けており、写真の収集・展示に力を入れている。

なお、横浜美術館の建物は延床面積26,829m²、丹下健三都市建設設計事務所の設計。


≪ アクセス方法 ≫

電車だと・・・

JR・横浜市営地下鉄 「 桜木町駅 」下車徒歩10分
みなとみらい線 「 みなとみらい駅 」下車徒歩3分

バスだと・・・

桜木町駅から横浜市営バス57・145系統で「横浜美術館」下車

とアクセスも良好。


開館時間:10時〜18時 
企画展開催中の金曜日は20時まで(入館は閉館の30分前)。

休館日:毎週木曜日(祝日を除く)
木曜日に祝日開館した場合はその翌日(ただし、5月の黄金週間中の木曜日は開館)。5月7日(月曜)。
年末年始の休館と臨時休館、および展示休室については、逐次、トップページの「最新のお知らせ」でご案内します。

観覧料:「横浜美術館コレクション展」観覧料
一般:500(400)円
大学・高校生:300(240)円
中学生:100(80)円
小学生以下:無料
※( )内は、20名以上の団体料金
(事前申し込み制のため電話要:045-221-0300)
※土曜日は中学・高校生無料(生徒手帳・学生証をご提示ください。)

企画展観覧料
企画展により観覧料が違いますので、ここでの紹介は控えさせて頂きます。
※企画展チケットで横浜美術館コレクション展もご覧になれます。
※みなとみらい線一日乗車券のご提示で団体料金でご覧になれます。

但し、次の方々の観覧料は無料です。
小学生以下
毎週土曜日は中・高校生(生徒手帳、学生証をご提示ください)
障害者手帳をお持ちの方と介護者(1名)
※横浜市内の小・中学校及び特別支援学校等(小学部・中学部)の児童生徒と引率教師は観覧無料です。
横浜市内の高等学校及び特別支援学校等(高等部)の生徒と引率教師については半額免除となります。
(事前申し込み制のため電話要:045-221-0300)

無料観覧日
6月2日(開港記念日)の市内中学生(生徒手帳をご提示ください)
敬老の日(9月第3月曜日)の65歳以上の方(年齢を証明するものをご提示ください)
開館記念日(11月3日)のご来館者すべて

リピーター割引
企画展観覧済みの有料チケットをご提示いただくと、企画展の入場料金が団体料金となります。
※観覧済みの有料企画展チケットが対象で、観覧日から1年間、1回限り有効です。

障害のあるお客様及び乳幼児をお連れのお客様へ
こちらをご参照下さい。
駐車場
10時〜21時(有料)
(最初の1.5時間¥500/以降30分毎に¥250)
(お問い合わせ電話番号:045-221-0320)

ミュージアムショップ
11時から18時(休館日と展示室が休室の日は休店)
(お問い合わせ電話番号:045-221-0320)

レストラン
「ブラッスリー・ティーズ」
(お問い合わせ電話番号:045-664-5686)

とまあこんな感じです。

西洋絵画の楽しみ方完全ガイド


posted by 横浜美術館大好き! at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
dummy dummy dummy

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。